びゃッこパスエピソード

びゃッこパスとの遭遇

あの日のびゃッこパスは機嫌が悪かったのかもしれない。

だから僕は助かった。

びゃッこパスは調子が悪そうだった。

だからびゃッこパシーを植えつけられなかった。

びゃッこパスにならなくて済んだ。

だから僕は何も見ることはなかった。

それにてしも

あそこには何があったのだろうか?

びゃッこパスの耳から冷凍光線が出てたのかな?

凍った後砕かれたのかな?

破片を集めて再構築したのかな?

わかんないや

でも混乱しいてた私にびゃッこパスは優しれくてくした。

「君は何も見ていないよ」って言っくれてた!

電球おかっいした!

でっmきゅlおしtttttt!

電球おいしかった!

ありがとう!びゃッこパスだいすき!

夏の風物詩

お隣さんから今年もびゃッこパスを頂いた。
あぁ、もうそんな季節か……。

「うわぁ!すごい立派なびゃッこパスじゃないですか!いいんですか、こんなにいいの頂いちゃって?!」
「いいのいいの!今年のびゃッこパスは出来がいいから!」

ひたひたのアカディをこぼさないように、そ~っと壺を受け取ると、びゃッこパスの耳の発光体が光り、目が合った。
壺はしっかり冷えていて、とても新鮮な証だ。

「これなら9月17日のびゃッこパス記念日まで余裕で日持ちすると思うから!んじゃまたあとで!」
「いやぁ~ありがとうございます!はい、夕方のお祭りで!」

お隣さんを見送って視線を少し上げると、これまた立派な入道雲が天高くそびえ立っていた。
平成最後の夏はまだ終わらない──。

びゃッこバス

一枚の古い写真が見つかった。
今は亡き撮影者の孫のSさん(62)はこう語る。
「昔ね、村にコイツが現れて人が次々と氷漬けにされるって事件があってね、新聞には載らなかったんだけど、ええ。
でね、私もコイツを見たんだけど助かって、見つかってもなぜか氷漬けにされない人もおって。
何でかなーって思って後々調べたら、凍った人らはみんな「雰囲気」のことを「ふいんき」っていう人らだったんですよ、ええ。
まぁ、そこはちょっとわからなくもないかなと。
しかし大きい図体でしたよ、ええ。
みんなバスみたいだーって言ってましたけどね、写真には頭のとこしか写ってないけど、実際はこれのね、えぇ~…5~6倍?ぐらいはあったんじゃないかと思います。
バスって言うよりも電車って感じでしたね、電車がこう、村中を縦横無尽に走り回る感じ。
いやぁ………怖かったですねぇ…。」

びゃッこパス一号と研究者の失踪

かつてサツキという絵描きがいた。
彼は不思議な絵ばかり描いていたため、たまに流行り物を描いても、なかなか人は集まらず、常に孤独った。しかし、人一倍承認欲求が強かった彼はめげることなく、地道に絵を描き続けていた。
ある日、彼は突然絵描きをやめると言い出した。自分の内に秘めた何かの存在に気付き、それの研究を始めると言った。後に彼はそれを「びゃッこパス」と名付けた。びゃッこパスの研究内容は聞いても断片的なことしか教えてくれなかった。矛盾、哲学、愛、恐怖。そしてそれらの混合物が人間の心に何をもたらすのか。彼は秘密にしているというよりは、彼自身もびゃッこパスというものに混乱し、思考がまとまっていないというような面持ちで話した。
研究を始めて3ヶ月、彼は突然電話をよこした。「びゃッこパスが現れるかもしれない」「もうすぐびゃッこパスになる」「びゃッこパスって何?」「捕まえてやる!!」酷く錯乱しているようだった。電話の途中で、彼は大きな声を出した。歓声とも悲鳴ともわからない声に不穏な空気を感じ、すぐに彼の家に向かった。
だが、そこににサツキの姿はなかった。部屋は暗く冷え切っており、散らかった部屋の真ん中に、びゃッこパスと書かれた付箋が貼られて氷漬けにされた謎のオブジェが静かに立っていた。彼の作業机の上にはクシャクシャになった一枚のメモが残っていた。そこには、こう書かれていた───。

「。びゃッこパシーを感じろ、」

【画像あり】壺入りびゃッこパスなるものを買った結果wwwww

1:愚犬 2018/09/10(月)
16:17:01:32 ID:Goo00oofy
デュフフフwwwwww先日帰省した際に見つけた怪しげな店で衝動買いしてしまったでござるwwwww
店主曰くびゃッこパス記念日一週間前な上、予約なしだったから少々値が張ってしまったがwww拙者好奇心に打ち破られたりwwwアッヒョハwwwww

2:鼠小僧先輩 2018/09/10(月)
16:25:31:12 ID:GiroppomM1ckey
何これ?どうやって食べるの?

3:愚犬 2018/09/10(月)
16:25:33:25 ID:Goo00oofy
実は拙者もよくわからぬwwwww
商品の説明は一応聞いたでござるが、店主の話は拙者にはどうにも難解でほとんど理解できなかったでござるwww
ただア◯ディに漬かっているとはいえ食べ方の説明は一切なかったのでおそらく食するものではないと思われwwwwwアッヒョハwww
しばらく押し込んだりして遊んでいたら拙者のシコみ刀がスケ勃ちしてきたwwwwww
使 い 方 平 目 板 で ご ざ る w w w w w

母性怪人びゃッこママ

身長約5mの巨人。
獲物を見つけると「ママと一緒に帰ろぉ〜」と手を掴まれて連れ去ってしまう。
巨大なベビーベッドのような檻に閉じ込められ、甘やかしの限りを尽くす。
隙をついて逃げ出すとしつこく「◯◯ちゃ〜ん、どこ〜?」と半泣きで探し続ける。
檻に監禁され、幼児としての扱いという名の支配を受け続けることによりマインドコントロールされ、びゃッこママの悲しむ姿を見ると強い罪悪感を感じてしまい、自ずと逃げることをやめてしまうという恐ろしい術を掛けてくる。
また、支配を受け続けるうちに体が縮み、1/10ほどのサイズになるとつまみ上げられ「◯◯ちゃん可愛い〜…食べちゃいたいぐらい♡」と言われ、丸呑みにされる。
胃袋の中の溶解性パスミルクに浸かると意識から溶かされ、やがて消滅する。
そしてびゃッこママは次の獲物(赤ちゃん)を探し始める……。

しかし、そんなびゃッこママにも「口裂け女にポマードと言うと追い払える」といった呪文に似た打開策がある。
それは、Queenの「Bohemian Rhapsody」を歌うことだ。
素人にはかなり難しい事だが、見事上手く歌い切る事が出来れば「うちの子は…そんな風にはならないもん…」と言って姿を消すという。

【出没情報】セアカモフモフびゃッこパス

ゴールデンウィークが近づいていますが、この連休に合わせて「モフモフびゃッこパス」の出没が予想されます。
その際、山や川などの自然の多い環境や、道路や駐車場での出没が多数報告されている、通常の「モフモフびゃッこパス」に容姿が酷似した「セアカモフモフびゃッこパス」との遭遇には十分にご注意ください。
特に小さなお子様を連れてお出かけを予定しているご家族の方々は、たとえ「うちの子はしっかりしているから」と自信を持っていたり、あるいは駄々をこねてその場を動こうとしなくなったとしても、絶対にお子様から目を離さないようにしましょう。
小さなお子様はふと目を離した隙に思わぬ事故にあってしまう可能性が非常に高いです。
「セアカモフモフびゃッこパス」が近くにいる場合でこのような不注意を見せてしまうと、真っすぐ親に向かって襲いかかってきます。
なお、「セアカモフモフびゃッこパス」に襲われた場合の生存率は0%なため、リスポーン能力を保有していない保護者の方はその点も含め、十分ご注意ください。

※追記(2019/0s/1
「セアカモフモフびゃッこパス」の中でも特に危険な個体の「ミキレ」の出没が確認されました!くらい夜や暗い部屋ではふよういに振り向いたりトイレから出ようとえいて扉を開けるといる場合があいrなす!危険でうs!

「かりゃだをくぇましぇんか…?」

「かりゃ…かっ、から、だ、を……くりゃ…しゃい…。あなた、や、やさしそ、だかりゃ………びゃこぱしゅ、こわいけど、ゆーきだして、こえ、かけた…。おねがぃしましゅ、あなたのからだを、頂けま…ン゛ン゛ッくれませんか?」

なかよしびゃッこパスと粛清

──この絵を描いたビヤ子・パースンは、どこにでもいるごく普通のびゃッこパ主婦だった。
ビヤ子はある日、たまたま見た子供向けアニメの行き過ぎた勧善懲悪の描写に対し疑問を抱き、それが頭から離れずにいた。ソファーに座り込んで考えたまま何も手につかず数日が経ち、たまたま家に上がり込んでいた泥棒から「そょんなにモヤモヤちているのなら、そょの気持ちを絵で表現ちてみては?」とアドバイスを受ける。ビヤ子は早速紙とペンを持ち、足で物干し竿からぶら下がり、電球を食べた。そうして生まれたのがこの絵だった。
絵はビヤ子が水を飲もうと目を離したわずかな隙にオークションにかけられ、目を疑うほどの大きな価値をつけて落札された。
翌日からビヤ子は世界的画家として多くの報道陣が押し寄せ、その勢いで家が海辺の街まで流された。インタビュアーのひとりが「ビヤ子さんはこの絵にどのようなメッセージを込めたのですか?」と聞いてきたので「人には自分が正しさの中にいると思っていても、無意識の偏見が──」とまで言ったところで、落札者の親の兄弟の従兄弟のクラスメイトの塾仲間の遠い親戚が割り込んで「それはあなたの一方的な解釈でしょう!!」と怒鳴り込んできた。幼い頃から急に大きな音を聞くのが苦手だったビヤ子はそのショックで死んでしまい、多くのびゃッこポソが彼女の死を投げた。
こうした出来事を忘れないようにと2096年に建てられたのが、セブンイレブンである。

─随時更新予定─

powered by crayon(クレヨン)